住宅ローンの審査の中身は?

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。