住宅ローン借り換えで失敗しないためには?

住宅ローンの借り換えというと、単純に今よりも金利の低いローンに借り換えれば良いと思われがちですが、実際には、いくつかの条件を満たさないと、たとえ金利が低い住宅ローンへの借り換えでも失敗してしまう場合があるんです。
そのいくつかの条件とは、返済期間が10年以上残っていること、返済金額が1000万円を超えていること、借り換え先の住宅ローン金利が1%以上低いことの大きく3点になります。
なぜ、これらの条件を満たさなければ失敗する恐れがあるのかというと、住宅ローンの借り換えには様々な手数料がかかるため、ある程度の利益がないと結果を差し引いた時に損をしてしまう可能性があるのです。
金融機関によって、住宅ローン借り換えにかかる手数料は違いますが、借り換えを検討する際には、きちんと手数料も考慮し、失敗のない住宅ローン借り換えを目指しましょう。
住宅ローン借り換えメリットを比較!【ランキングおすすめ銀行は?】