住宅ローン借り換えタイミングを比較してお得なのは?

住宅ローン借り換えのタイミングで、総支払額がどうなるか比較して検討しましょう。
借り換え先は保証料がいるのか、団体信用生命保険の扱いはどうなっているのか等をすべて計算に入れた上でメリットがあるか比べてみましょう。
手数料が50万円ほどかかることもありますから、総支払い額の差がそれ以上になるかシミュレーションしてみることがポイントですね。
また、経済情勢からいって、金利の推移がどう動くのか見極めるのも大切です。
2015年2月はフラット35sの金利引き下げプランも受付が始まり、フラット35の金利も1%前半と借り換え先としての魅力を感じさせる金利となっています。
ここしばらくは低金利で推移しそうですから、2.
5%以上の金利なら借り換えメリットが感じられるのではないでしょうか。
http://www.karikae-ranking.com/