ブルーアンバーの特徴

アンバーは植物が流した樹脂が深い地中で長い年月をかけて硬化した希少価値の高い石です。
日本では「琥珀(こはく)」という名で親しまれています。
ドミニカで産出される蛍光琥珀で、色の変化を楽しむコレクターも多く大変人気がある石です。
アンバーの中でも最高品質と呼ばれるのが「ブルーアンバー」です。
通常アンバーは太陽光の下で透明感のある深みのある赤みを帯びた黄色の宝石です。
紫外線に反応した途端、色調が変化しますので見ていて飽きない神秘的な輝きが魅力です。
太陽光や蛍光灯の紫外線に敏感で様々な角度から眺めるのも楽しいものです。
「ブルーアンバー」の特徴は太陽光の下でも鮮やかなブルーに輝きます。
アンバーはブラックライトに当てた際に、鮮やかな青色になるという色の変化です。
通常の光り方とは一味も二味も異なる幻想的な輝きが見る人を魅了します。
癒し効果も高く不安な気持ちやストレスが多い現代人が身につけるのに相応しい石です。
http://xn--cckyeqa8fvb0cd.com/