フラット35Sの検査方法は?

フラット35Sを利用するためには、これから建築する住宅、もしくは購入する住宅を検査した上で技術基準に適合しているという証明が必要になります。
適合証明書を交付するのは、新築住宅の場合には検査証明機関、そして中古住宅の場合には検査証明機関か、もしくは適合証明技術者がおこないます。
適合証明技術者というのは建築士のことですが、誰でも良いというわけではなく機構と協定を結んでいる日本建築士事務所協会連合会及び日本建築士会連合会に登録されている建築士である必要があります。
誰に頼めば良いか分からないときには、日本建築士事務所協会連合会のホームページから、事務所の所在地や適合証明の実績などを選択した上で検索することも可能です。
http://www.flat35s-sinsa.com/