住宅ローンのフラット35とは?

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
一般的なリフォームでも使える住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローンと一緒です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすれば、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。